Amazonせどり

【無料あり】せどり中級者がマカドを使うべき3つの理由【失敗しない】

sedori-makad

悩める人せどり中級者「せどりである程度稼げるようなり、そろそろ業務を効率化したいと思っています。マカドというせどり管理ツールを聞いたことがあるんですが、使った方がいいですかね?」

 

 

こんな疑問にお答えします。

こんにちはシロー(@manetoku2019)です。

Amazonでせどり月収が30〜50万円を超えた辺りから、事務作業が大変だったため「マカド」というツールを使って実際に効率化しています。

結論から言うと、月収10万円くらいを超えるせどり中級者にとってはコスパがいいツールです。

もっと早く使っとけばよかった。

裏方作業がめんどうくさいと思っている人は、導入することをおすすめします。

本記事では、AmazonFBAで収益が上がってきたせどり中級者向けに、せどり管理ツール「マカド」を使うべき3つの理由を解説します。

ではどうぞ。

せどり中級者がマカドを使うべき3つの理由

マカド」とはAmazonセラーのためのせどり管理ツールです。

要するに、Amazonで販売する人の面倒くさい作業を自動でやってくれるツールです。

マカドを使うべき3つの理由は下記のとおり。

  • サンクスメールが自動化される
  • 利益管理が自動化される
  • 価格改定が自動化される

上記の理由により、せどりの事務作業が圧倒的に効率化できます。

せどりのキモである仕入れに注力できますね。

順番に解説します。

サンクスメールが自動化される

正直、これだけで元が取れます。

というのもサンクスメールを手動で送ると、結構時間がかかります。

1件につき3分かかるとすると、50件送るのに150分(2時間半)かかります。

せどりをしていれば時給2,000円くらいは余裕で稼げるので、5,000円の労働力に相当します。

件数が50件以上あるとすると、さらに割りに合わなくなってしまいます。

これをあなたが手動でやっているとすると、とてももったいないです。

とはいえ、サンクスメールを送らないと自社ショップの評価を集めることができないので売上を上げることが難しくなります。

evaluation
FBAで評価を貰う3つの方法【高評価100%のセドラーが解説】 AmazonFBA初心者「Amazonでせどりを始めてみましたが、いまだに評価が貰えません。どうすれば貰えますか。」     こんな...

 

マカドを入れると、以下のようにサンクスメール設定ができます。

あとはFBA発送後の数日後に自動でメールが送られるので、あなたがやることはありません。

特定の商品だけサンクスメールを送りたくない場合は、個別設定も可能です。

利益管理が自動化される

僕もマカドを入れる前は、エクセルで利益計算をしていました。

最初は楽しいと思うのですが、慣れてくるとただの作業になってくるんですよねw

自動化できるなら自動化してしまいましょう。

マカドをいれると、各商品の粗利が計算できます

画像では小さくて見えにくいですが、月の利益計算も以下のようにできます。(実際の画面は見やすいです)

これでしっかり利益が取れていることを確認できれば、仕入れに注力できますね。

たまに1円単位で利益計算を頑張る人がいるのですが、コスパが悪い行動です。

というのも、僕がせどりを始めたての頃は利益の計算が楽しくて円単位で算出していました。

計算が楽しくなってしまうと、知らずに時間を使ってしまいます。

結果、肝心の仕入れに時間をさけません

利益計算に時間を使っている人は、断腸の思いで削りましょう。

価格改定が自動化される

Amazon販売で売れないなーて時に、値段を下げる時があると思います。

それと同時に価格を合わせてくるセラーがいますよね?

あれはマカドのようなツールを使っていることが多いです。

Amazonセラーセントラルでも価格追尾設定が可能なんですが、設定がかなり面倒くさいです。

マカドでやることは、各商品に下記のようなボタンがあるのですがこれを押しておくだけです。

あとは価格設定の上限と下限を設定しておきましょう。

下限を設定していないと、競合が価格を一時的に下げると自分の商品も低価格に追従してしまい、刈り取りされることもあり得ます。 しっかり予防はしておきましょう。

価格自動改定についての詳しい動画は、下記を参照してください。

 

他にも機能がありますが、キリがないので3つに絞って紹介しました。

これだけでも余裕で元が取れます。

  • マカド ※1週間の無料体験あり

 

マカドを導入するのに向いていない人

Not-suitable

マカドのメリットを解説してきましたが、導入に向いていない人もいます。

主に下記のような人です。

  • せどりを始めたての人
  • せどり月収10万円以下の人
  • 月販売数が20個以下の人

上記の方はツール導入は早すぎるかと思います。

逆にここをクリアしている人は導入検討はありですね。

せどりで利益を出して10万円くらい稼げるようになれば、ツールへの投資も利益の5%以下になるので利益が圧迫されることもありません。

 

プライスターとの比較

マカドと同じようなツールで「プライスター」が挙げられます。

ぶっちゃけ、内容的に大差はありません。

例を挙げると、「ドコモかau」とか「パナソニックか日立」くらいです。

  • サンクスメールが自動化される
  • 利益管理が自動化される
  • 価格改定が自動化される

上記のメイン機能はどちらもあるのでたいした差はないですね。

価格もほぼ同じで都度改定されるので差はありません。

あとは見た目や、誰に教えてもらったかくらいではないでしょうか?

どうでもいいですが僕の場合は、緑のロゴが結構気に入ってるので最終的に見た目で決めてしまいましたw

マカドは無料で試せます

マカドには30日間の無料お試し期間があります。

事務効率化を本当にできるか不安な人でも、無料で試せるのでリスク0ですね。

まとめ:マカドへの投資はコスパが良すぎる

good

以上、マカドを導入すべき理由をまとめてみました。

毎月の固定費はかかりますが、軽くなる事務量を考えると余裕で元が取れます。

せどりで稼いでいる人は時給1万円を超えていますが、サンクスメールに時間をとることはしません。

稼ぐ社長ほど仕組みを作ってしまい、暇なものです。

せどりである程度稼げるようになった人は、マカド導入してさらに高みに行きましょう。

  • マカド ※1週間の無料体験あり
ABOUT ME
【FP】シロー【中小企業診断士】
せどりに詳しい現役バンカー。 FP、中小企業診断士。 せどり月収40万以上、ブログ月収20万円以上。投信、不動産運用中。資産0円から、固定費削減で金融資産1000万円達成。【資産推移】22歳 貯蓄0万→31歳 貯蓄投資1500万円、資産7000万

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です