転職

【失敗しない】転職が有利になる3つの条件【無料です】

job-change-failure

悩める人経済的自由のために転職を考えている人「転職を考えているが失敗したくない。転職条件が有利になるためにどうすればいいのか教えて欲しい。」

 

 

こんにちはシローです。

経済的自由になる行動をとった結果、

サラリーマンながら30代前半で金融資産を2000万円ほど作れました。

そんな僕は就職当時は貯蓄0円、奨学金ありの状態で就職。

市場価値を上げる仕事をすることなく、無防備で仕事をしていました。

控えめに言って、危険行為だったと思います。

 

手前味噌ですが、「金持ち父さん、貧乏父さん」に出会い、経済的自由を目標にすることにしました。

副業で「せどり」を始め、並行して転職ブームに乗っかって自分の市場価値を上げることにしました。

市場価値を上げる事で起こったことは、「いつでも会社を辞められる!」と思うことができました。

結果的に社内で仕事を選べるようになり、定時退社により時間が生み出せる好循環を作れました。

 

自分の市場価値を高めるために、複数の転職エージェントから話を聞いた結果、転職に有利になる3つの条件がわかりました。

本記事では、失敗しないための転職が有利になる条件と方法を解説します。

あなたが経済的に自由になるために転職したいと考えているなら、この記事は価値があります。

 

前置きはこの辺で、本題をどうぞ。

 

転職が有利になる3つの条件

job-change-failure

以下の3つです。

  • 若い
  • 実務経験が豊富
  • 資格を持っている

上記の通りで、順に解説します。

 

若い

若ければ若いほど転職では有利です。

年代別の面接ウケは下記の通り。

  • 20代  :余裕
  • 30代前半:まだ大丈夫
  • 30代後半:厳しい
  • 40代以降:手遅れ

職種によって変わりますが、大きく外れてないはず。

20代だとスキルがなくても、今後の成長を期待され内定確率が上がります。

20代は年収も低く、企業側からすれば雇用のリスクも低いです。

30代は流石にノースキルだと内定は難しいですが、前職の経験次第ではチャンスありです。

40代はよっぽどの経験(専門職、マネジメント力)がないと転職は無理です。

年収も高いので企業側も採用のリスクが高いので敬遠されます。

 

市場価値を高めるという観点では、若くなることは無理なので転職をするなら早くしてしまうが最適解だと言えますね。

 

実務経験が豊富

実務の経験が豊富だと有利です。

大企業では、若いうちは割と末端の業務を押しつけられがちです。

中堅クラスになるまで雑用や市場価値の低い仕事をしていると、かなり不利になってしまいます。

市場価値の高い仕事を選んでいくにはコツが必要です。

僕がやっていたのは下記です。

  • 電話に出ない、雑用はしない
  • 目標を達成する
  • 作業は誰よりも早く終わらせる
  • やったことのない仕事依頼を積極的に受ける

上記の通りです。

会社にいると目標が設定されることが多いと思います。

目標を達成すると、電話に出なくても雑用をやらなくても怒られません。

あの人は成果を上げて忙しいから、雑用をさせると悪い」と思って貰えば勝ちです。

雑用をしなくてすむと時間が生まれるので、次の目標達成の難易度が格段に下がります。

このループに入ると、作業を圧倒的に早く終わらすことができます。

こうなればスキルが上がり時間も空いているあなたに、上司は重要任務を任すようになるので、転職市場価値がガンガン上がっていきます。

転職エージェントサイトでは職務の経験年数を書く欄があるので、たくさん埋められるようになります。

企業側は以下のようなものを参考にしています。

転職エージェントサイトでは写真のように実務経験を記入する必要があります。

雑用ばかりしていると、この部分がスカスカになるので不利になってしまいます

 

資格を持っている

専門職は資格があると有利です。

例えば下記資格は転職にかなり有利になります。

  • 会計系:公認会計士、米国公認会計士
  • 語学系:TOEIC750点以上
  • 医療系:医師免許、薬剤師免許

どれも割と難関です。

数え切れないほどの資格はありますが、転職が有利になるかにおいては大半はゴミばかりです。

上記の例は、企業側に「おっ!」と思わせるものです。

この中でもTOEICは誰でも受験できるので、資格で差別化したい人にはオススメです。

 

僕がTOIECで300点以上上げることができた教材を紹介します。

この教材を繰り返すだけで750点超えは可能だと思います。

 

以上で本題は終わりです。

 

本記事を読んでいる方は転職に興味があるけど、いまいちどうしたらいいのかわからないという方だと思います。

そもそも転職をすべき理由はなんでしょうか。

転職について深掘りしたい方は続きをどうぞ。

 

転職をすべき3つの理由

job-change-reason
  • 収入アップ
  • 自由な時間が増える
  • スキルアップ

上記3つがあなたが考える主な転職理由だと思います。

本記事の転職に有利になる条件を達成していけば、上記3つを満たす転職の可能性が上がります。

逆に、「年齢が高く、市場価値の低いスキルしかなく、資格もない」だと…ご察しください。

 

収入アップ

年収がダウンする転職はNGです。

なぜなら年収が下がると、あなたの転職市場での価値が下がるからです。

具体例を出すと下記の通り。

  • 年収1000万円(めっちゃ残業多い):優秀に見える
  • 年収600万円(残業なし):凡人に見える

年収を下げると次の転職で不利になってしまいます。

市場価値が低くなると割りに合わない仕事をする可能性が高くなります。

少なくとも年収は現状維持になるくらいにしておきましょう。

 

自由な時間が増える

転職に成功すると、自由な時間が増えます。

  • 時間外労働がない職場
  • 勤務先が近くなり通勤時間が短縮
  • 嫌な上司に悩まされる時間が減る

上記が起こると自由な時間が増えます。

 

サラリーマンが経済的自由を手に入れるには、本業の他に副業で資産を作っていく必要があります。

転職で自由な時間を作り、副業で資産を作っていくのが王道です。



スキルアップ

市場価値が高い人材になるには、新しい仕事に挑戦できる環境でなくてはいけません。

あなたが今いる職場で仕事が同じことの繰り返しだとすると、かなりヤバイ可能性があります。

同じ職場で働けることが約束されていればいいですが、残念ながらなかなか難しいです。

転職はスキルアップがないような職場から脱出できるきっかけになります。

転職に有利になるために絶対にするべき1つのこと

1Point

ここまでで転職に有利になる条件を解説してきました。

転職で成功するには「複数の転職エージェントサイトに登録する」のが一番重要です。

一つだけだと無理やり転職させられる可能性があるので、セカンドオピニオン的に複数使う方がいいです。

転職エージェントを使うべき理由は下記。

  • 自分の市場価値がわかる
  • 企業が何を求めているかがわかる

 

自分の市場価値がわかる

転職エージェントサイトに登録をするとオファーや求人紹介が届きます。

これは以下を考慮して送られてきます。

  • 現在の会社のレベル
  • 学歴
  • 年収
  • 実務経験
  • 資格
  • 勤務地

自分が思っているよりも優良企業のオファーがある場合は、市場価値が高いということです。

逆に聞いたことがない企業ばかりの場合は、市場価値が低いので頑張らなければいけません。

これだけでも転職エージェントサイトに登録する価値がありますね。

 

企業が何を求めているかがわかる

オファーや求人紹介から、企業が求めるスキルや資格がわかります

例えば、以下は僕が実際に紹介を受けたものです。

名前は伏せますが、誰もが憧れる平均年収1000万円以上の大手総合商社です。

この例では、下記があれば有利になりそうです。

  • 連結決算業務経験
  • 日商簿記1級相当の実務経験
  • TOEIC730
  • 公認会計士

さすがの総合商社なので求めるレベルも高いですね。
トップの企業が求めているのがこのレベルなので、既存の会社でこの辺のスキルを上げていけば市場価値は爆上がりです。

普段の仕事から市場価値が上がる仕事を選べるようになります。

会計系の職種を例にあげましたが、営業職や技術職も転職エージェントサイトに登録しておけば、同様のやり方で企業の求める能力を見極めることができます。

 

オススメの転職エージェント


あなたは転職エージェントサイトに登録する重要性がわかったと思います。

ではどんな転職エージェントを選べばいいのかわからないという方向けに、下記にまとめました。

  • 転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1

※転職エージェント最大手で求人豊富。転職初心者はまず登録しておきたい。

 

  • ビズリーチ | 選ばれた人だけのハイクラス転職

※年収が高いハイクラス案件を受けたい人は登録しておきましょう。

 

※30代以上の方で外資系転職したい人は登録しておきましょう。

 

※医師の方で、病院やクリニックの内情を知たうえで転職したい人は登録しておきましょう。

 

※薬剤師ならとりあえず登録しておきましょう。シローの友人はここから多数転職を成功させてます。病院薬剤師よりも調剤薬局の方が条件が良いことが多いです。

全て登録無料です。

転職しなくても、面談にかかるコストをエージェント側が負担しています。

利用するだけならノーリスクなので使えるだけ使ってきましょう。

 


転職エージェントサイト登録は早ければ早いほどいい

僕の場合は複数の転職エージェントと面談をした上で、結果的には転職はしませんでした

理由は、現在の会社が結果的に自分に合っていることを知れたからです。

時間外労働がない会社で働いているので、他社ではこういった条件はほぼないといことをしりました。

登録をしてこそ得られた気付きです。

あなたは別の価値観があると思うので、登録してから気づくことがあると思います。

 

雇用の売り手市場がいつまでも続かないかも知れません。

 

先日こんなツイートをしました。

 

コロナショックの影響で新卒の内定取り消しが起こっています

リーマンショックの時もですが、新卒の採用人数が減った後に中途採用も減ることが予想されます。

つまり、おいしい転職案件があなたにこなくなります

こうなると再度売り手市場になるまで待つこととなり、年齢が高くなるので手遅れになってしまいます。

 

まとめ:転職エージェントは若いうちに利用しよう【結果的に転職しなくてもOK】

summary

本記事の内容をまとめます。

転職に有利になる条件は下記の3つ

  • 若い
  • 実務経験が豊富
  • 市場価値の高い資格を持っている

 

転職を成功させるには「複数の転職エージェントサイト」に登録することで上記の条件を満たす気づきを得られます。

 

エージェントとの面談も無料なので、利用するだけ利用すればいいと思います。

僕みたいに「結果的に転職をしない方がいい」と気がつけるかもです。

 

  • 転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1

※転職エージェント最大手で求人豊富。転職初心者はまず登録しておきたい。

 

  • ビズリーチ | 選ばれた人だけのハイクラス転職

※年収が高いハイクラス案件を受けたい人は登録しておきましょう。

 

※30代以上の方で外資系転職したい人は登録しておきましょう。

 

※医師の方で、病院やクリニックの内情を知たうえで転職したい人は登録しておきましょう。

 

※薬剤師ならとりあえず登録しておきましょう。

 

ABOUT ME
【FP】シロー【中小企業診断士】
せどりに詳しい現役バンカー。 FP、中小企業診断士。 せどり月収40万以上、ブログ月収20万円以上。投信、不動産運用中。資産0円から、固定費削減で金融資産1000万円達成。【資産推移】22歳 貯蓄0万→31歳 貯蓄投資1500万円、資産7000万

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です